岡田紅陽年譜

1895(明治28)年 新潟県十日町市中条町に生まれる。本名、賢治郎。
1914(大正3)年 早稲田大学予科へ入学。このころから写真に興味を持ち富士山を写し始める。大正5年には忍野からの富士山を写している。
1923(大正12)年 関東大震災に当たり、東京府の委託により各地の被害状況を撮影し、東京府知事協賛のもと「関東大震災誌」出版<
1926(大正15)年 伏見宮殿下、山階宮殿下御乗組みの練習艦隊に便乗仰せつけられ、欧州及び南洋各地の写真撮影に従事
1927(昭和2)年 先年訪欧の折、各国元首へ富士山の写真を贈呈した事に対する感謝状を受ける。名古屋美術館にて富士山五十景写真展を開催
1931(昭和6)年 1月雪中富士山登山を行い貴重な撮影を行った。秩父宮殿下に富士二十景を献上、ご嘉納の栄を賜る
1932(昭和7)年 2月富士登山を行いその登山写真を、朝日新聞ほか数紙に掲載。「富士百影作品集」を審美書院より出版。
1940(昭和15)年 写真集「富士山」をアルスより出版
1943(昭和18)年 富士の写真「神韻霊峰」一面昭和天皇に献上。写真作品が宮内省を経て正式に献上されたのは初めての例である。
1945(昭和20)年 国際親善の目的をもって、連合軍総司令官マッカーサー元帥に富士写真集を贈呈し感謝状をうける。
1949(昭和24)年 厚生省国立公園中央審議会委員に委託される。
1950(昭和25)年 郵便切手に富士山と国立公園の写真23点が採用される。また郵政審議会専門委員に任命され、郵便切手発行に直接参与した。
1956(昭和31)年 >国立公園協会会長より、国立公園の発展に尽力したことにより、朝倉文夫、横山大観、徳富蘇峰、村上元三合作の顕彰碑を有志により河口湖畔に建立される。
1957(昭和32)年 「富士百景」を平凡社ペリカン文庫より出版
1959(昭和34)年 写真集「富士」を朋文堂より出版
1960(昭和35)年 アメリカのザ・ミュージアム・オブ・モダン・アート推奨により、富士山写真展をニューヨーク市にて開催する。
1966(昭和41)年 生存者叙勲、勲三等瑞宝章を授与。メキシコ国よりアステカコロナ章を授与される。
1969(昭和44)年 アポロ11号三飛行士に富士山の写真十八景を贈呈し、アメリカ大使より感謝状を受ける。
1970(昭和45)年 写真集「富士」を求龍堂より出版
1972(昭和47)年 11月22日没する、享年77歳


閉じる